商品づくり

内祝-小倉山荘がお届けするお喜びごと- |  『美味しい一枚』へのこだわり |  商品づくり |  長岡京 明月菓寮

space

space

「お客様に安心していただける、安全な原料を自らの手でつくりたい」。そのような想いから、小倉山荘では、自社農園『小倉山荘ファーム』でおせんべいやおかきの原料となるお米づくりをしています。緑豊かな農山村の風景を守るため、農薬や化学肥料に極力頼らない、大地や稲の力を引き出す自然農法。その取り組みによって築かれた、自然にも人にも優しい田んぼです。それは、環境を守ることや地域の人々との絆結びにも繋がっています。小倉山荘ファームでは「生きものいっぱいの田んぼ」を目指し、冬の田んぼに水を張る「冬期湛水(とうきたんすい)」を実践。それにより、田んぼに微生物やイトミミズなど多くの生き物が集い、豊かな環境となります。その成果もあり、昨年の冬には特別天然記念物のコウノトリが小倉山荘ファームの田んぼに飛来し、約1カ月滞在しました。これもコウノトリが安心して食べられるエサがたくさんあったからではないでしょうか。そんな自然の恵みあふれる自社農園で収穫したお米を使った米菓を皆様にご提供できることを喜びとし、小倉山荘は今後も安心安全な商品づくりと自然環境の育成に寄与してまいります。

space

田植え前の苗づくりでは、温度調整に配慮しながら約1カ月間、毎日苗の状態を確認します。

苗をローラーで押さえることで、厳しい自然環境に負けない強い苗を育てます。

今年から空き農地の有効活用のために 山椒の栽培も開始しました。

kome-w009

5月中旬 代掻き周辺の川から自然の水を 引いて、田んぼの土をかき 混ぜます。朝から一日中 トラクターに乗ることも。

5月下旬 田植え離れた場所にある 田んぼを行き来し、 約3週間かけて順番に 苗を植えていきます。

6月 草刈り畔に次から次へと生い茂る 草をひたすら刈る作業に 追われます。

田んぼに感謝する
田植えイメージ
かつて日本人は米作りと共に生き、みずみずしい感性や自然への畏敬の念を育んできました。小倉山荘グループが協賛するNPO法人「百人一首の郷づくりの会」では、五穀豊穣と無病息災を祈願するお田植え祭・拔穂祭を開催。地域の方々と共に自然に感謝を捧げ、人と地球の未来に想いを傾ける機会を提供しています。また、里山の再生なども視野に入れた活動を通して、自然と共生する、日本の農村の豊かな生活文化を取り戻していきたいと考えています。
space

人と自然が織りなす文化

商品製造過程イメージ

自然を想う

私たちが目指す安心・安全なお菓子作りは、人はもちろん地球にもやさしいものでありたい。その理想に近づくため、小倉山荘・西丹波工場では太陽光発電を採用し、C02削減に努めています。また「もったいない」の気持ちでスチール缶などのリサイクルを進め、限りある資源の有効活用をはかるなど、環境に配慮した取り組みをさまざまな形で推進。素材も自社農場でとれた、確かな品質のお米を積極的に取り入れ、自然と共に生きる菓匠を目指しています。

文化を想う

小倉百人一首にちりばめられた「人を想う心」は、現代社会に生きる私たちの心にも深く語りかけてきます。小倉百人一首の撰者である歌人 藤原定家の別荘にちなんだ小倉山荘は、この「人を想う心」をおいしさにのせてお届けし、京都の文化を後世に語り継ぐ菓匠として、NPO法人「百人一首の郷づくりの会」に協賛。百人一首にまつわる取り組みを通して、日本人の心を支える和歌文化を大切に守り続けます。

小倉山荘イメージ
space

茶の湯におけるおもてなしの心得「一期一会」。「人と交わる瞬間に心を尽くすことが、人間関係の深い味わいである」と井伊直弼は解き明かします。相手を想い、選び抜く贈り物は、ものに託された心づくし。おいしく安全なお米から作り、百人一首が語りかける心を表現した小倉山荘自慢の品々はまさしく、一期一会の心づくしにふさわしい、真の贈り物です。