2017.06.3 更新

夏の電子カタログご案内

詳細はこちら

2017.4.03 更新

季節の限定品はじまりました。

詳細はこちら

2015.4.4 更新

小倉山荘リ・オ・ショコラ、グランドオープン

詳細はこちら

2017.6.16 更新

長岡京 明月菓寮 リニューアルオープン

詳細はこちら

ごあいさつ

長岡京小倉山荘では創業以来、人を想う心が息づく『小倉百人一首』の贈答歌に題材を求め、贈り、贈られて喜ばれる雅な菓子づくりを通して、絆結びのお手伝いに努めております。どうぞ、あなたさまの心をわが心としておつくりする幣庵の品を、ご縁のある方へ、一期一会の使者としてお選びください。

山本雄吉

商品のご紹介

小倉百人一首には、一首一首歌人の想いが込められています。小倉山荘はそんな百人一首にちなんだお菓子を通じて、人と人との絆を結びたいと願っています。

商品一覧はこちら
You can see a catalog in English

竹生の郷

「長岡京 小倉山荘 竹生の郷」は、穏やかな人間関係の和を広げ、日本の美しい伝統文化を後世に引き継いでいきたいと願う私どもの基本理念を伝える“感動発信拠点”として、当店発祥の地である京都・長岡京に店を構えております。
おもてなしやしつらえに、私どもが心の拠り所とする『小倉百人一首』の世界観を表した店舗内にはあられやせんべいといった米菓処に加え、和菓子ブランドの『明月菓寮』や甘味点心処の『小倉山荘カフェ』を併設しております。

詳しくはこちら

小倉百人一首 ゆかりの京歩き

「小倉山荘」のお菓子に映し出された、小倉百人一首の雅な世界。京都には、今もその世界に触れられる場所や跡地が残っています。そんな歌の情景や歌人の想いが感じられるスポットへ、皆様をご案内いたしましょう。

詳しくはこちら

小倉山荘と小倉百人一首

小倉百人一首は、万葉の頃から鎌倉期に至る時代の歌人百人の秀歌を一首ずつ集めた和歌集。鎌倉期の歌人、藤原定家が、京都・嵯峨の小倉山の麓にあった「小倉山荘」にて一首一首撰歌したと言われています。この小倉百人一首は、百の歌がタテ・ヨコの合わせ言葉によって一枚の織物のように織り上げられ、そこには後鳥羽院が歌会に興じた山紫水明の水無瀬の里が浮かび上がってきます。
小倉百人一首は、藤原定家が大恩ある後鳥羽院へ送った賛歌集。「想いを届ける」という精神を、京都老舗あられ 小倉山荘の商品一つ一つに受け継いでいます。

一期一会

詳しくはこちら

小倉山荘 四季の対談

小倉山荘代表 山本雄吉の対談集。伝統的な京の催事をテーマに、
自然や文化、人間の心などについて語り合います。
「春」「夏」「秋」「冬」のシリーズでご紹介します。

特集

先人の優れた精神を受け継ぎながら、新たに独自の世界を広げてきた琳派。
そこには、京の自然や風土から生まれた王朝文化の息吹が感じられます。
今年は琳派創成四〇〇年の記念すべき年。
小倉山荘においてもモチーフとしてしばしば登場する「琳派」の意匠について、ご紹介してまいります。

詳しくはこちら

特集

日頃、何気なく迎えている二十四節気や歳時記と、その室礼。これらは、どのように起こり、変遷しながら生活に溶け込んでいったのでしょうか。室礼研究家の山本三千子先生に、その精神文化や形式・所作に込められた想いなどについて、ご紹介していただきます。

詳しくはこちら

商品づくり

詳しくはこちら

田んぼと共に生きる

私たち京都老舗あられ 小倉山荘は、安全で美味しいお菓子づくりのために、
その原料となるお米づくりからはじめました。
「田んぼに自然を取り戻そう」を合言葉に、農薬や肥料に頼らず、
大地や稲の力を引き出す自然農法のお米づくりに取り組んでいます。
さらに、耕作放棄地をトンボやホタルなど虫や鳥たちが集う
緑豊かな田んぼへと再生させる取り組みも行っています。

店舗のご案内

関西地区を中心に直営店と全国の百貨店あわせて
30箇所以上で販売しております。
販売店の場所、四季折々の催事などは店舗一覧より
ご確認ください。

店舗一覧はこちら